青天の霹靂(へきれき)

それは、何の前触れもなく、とつじょやってくることだ。

しかもそれは、嬉しいことではなく、どちらかと言えば、

むしろ辛くさびしい、切なくも悲しい事柄に使われるだろう。

そんな出来事に出くわした瞬間、誰もが,「ええっ、」

「うそっ・・・」と、言葉に詰まり、声にならず、

ただただ、蒼白した顔面だけ・・・。


何も、現実に私の身の上に起こった訳じゃないんだ。

テレビドラマのは・な・し・。今朝の朝ドラのこと。


正月そうそう、視聴者は凍り付いたじゃないか。

あっ、そうですね。遅ればせながら、

明けましておめでとうございます。

とにもかくにも、丁寧で誠実な挨拶があれば、

世の中何とかなるものだ。


挨拶とスカートは短い方がいいから・・・。

今日はここまで、ではまた。

近藤浩二でした。


 

正しいことは、迷わずやれ

どうでした? お元気ですか?

そうですか、みんな息災で何よりだ。

私は、昭和36年生まれ、61歳。現在も、しぶとく生きている。

交際ステータスは既婚、子供なし。肩書は塾講師、年金生活者。

現在、絶滅危惧種のような60歳のパートナーとふたり暮らし。

これまでいろいろあったが、共に乗り越えて来た。

死ぬまで一緒に歳をとって行く、困った時に頼れる相手だ。

義父母と実父はすでに他界、実母は病院暮らし。

迷惑をかけるほどの宗教観、政治思想など特になし。

親友はひとりも居ない。思いの外、友人は、割と少ないほうだ。

が、不都合など何もない、八方美人な付き合いなんかより、

限定した付き合いの方が、変なしがらみがなくて、

よっぽど自由を謳歌でき、何もかも満ち足りて、

いたって幸せだ。

「まさかの時が、真の友」だが、そんな時など滅多に来ない。

そこで信念だが、「正しいことは迷わずやれ」だ。


61回目の大みそかも本日。

毎年、何かといろいろあるものだ。

新年を迎えるにあたって脳裏に思い浮かぶのは、

苦しかったことばかり。

少しの成功とあり余るほどの失敗と挫折。

いくら長く生きようとも、いたずらに人生を過ごせば、

人に誇れるイイモノなど何ひとつ生み出すことなどできない。


とは言え、何でも挑戦するのは良い事だと友人に誘われ、

新年から夫婦そろって垂れ流しの「17ライブ配信」に初挑戦。

有り難い事に、毎回、数人の視聴者の存在で続けられた3カ月。

続いて、還暦手前で目覚めた、想いを文章化することの楽しさ。

夏終わりに、ネットへ応募した150ページに及ぶ自叙伝的長編恋愛小説。

秋口に500字以内の童話にも挑戦したが、あえなくも共に撃沈

という落選の憂(う)き目。

ツイてなかっただけだ。本音は・・・、

今はまだやっていける自信がないから、ほんとは落ちて良かったのだ。

その時が来れば、必ず・・・

それほど大ごとじゃないが、労した時間がムダ、クズになった。

やはり世の中、思った以上に、それほど甘くないってことだ。

しかしながら、自分はタフで強いから、

負けることなく、くじけることなく、

呼吸をするようになるまで、様々なスキルを磨き続ける。

負けっぱなしで終わらせる気は、もうとうないから・・・

神への道は、狭き門から入らないと大成しないから・・・


かの伊能忠敬は、人生50年の江戸時代に、

59歳で測量を開始して16年後の71歳の時に、

国内で初めて日本の国土の姿を明らかにしたのだ。

来年の大河ドラマの主人公、徳川家康もまたしかり。

先人にならって、忍耐強く、常に好奇心を持って、

歳を重ねるたびに楽しい人生を送ろう、と思う。


ともかく、今年も、よくしゃべってよく食べた。

夫婦そろって、おしゃべりで食いしん坊なのだ。

来年以降も、とにかく、

「正しい時に、正しい行動を」

「正しい事は迷わずやる」で生きていく。


今、言えることはそんなところだ。

近藤浩二でした。ではまた、来年。

何事も諦めず続ければ、必ずいつかは花開く。

詰まる所、人は自分にしか興味がない生き物だ。

周りの他人の目など気にせずに、図太く長ーく、生きよう。

いい年を迎えてね。いつまでも元気で。


人生は、愛と勇気とほんの少しのおカネがあれば

何とか生きていけるのだから。

走らなくていいから、少しずつゆっくり、

前を向いて歩いていこう。

 

師走

厳しい時代が続いている。

今日は大雪、本格的な冬の到来だ。

自分の目で、自分の足で、自分の人生をなおいっそう

一歩一歩確かめていかないといけない。

人生、いつ終わりを告げられてもいいように・・・

何事も、すんなりと思うように、

なかなか上手くいかない事がほとんどだが・・・

「自分の人生の主人公は自分自身なのだ」

と気付いて前に進むしかない。

ワールドカップでのサムライブルーのおかげだ。

人生は、いつからでも、何度でも、やり直せるはずだ。

行動を変えることで負の連鎖を断ち切れるはずだ。

不安や心配、焦燥感は捨て置いて、

ワクワクやドキドキをもって

滑る様に、泳ぐように、遊ぶように、

走り抜けたいもの。


この半年余り、あえて何もせずにおいた。

しかしながら、むくれっ面で、のほほほんーと、

いつまでも座していても仕方ない。

時間の過ごし方は、星の数ほど、いくらでもある。

疲弊仕切った自分の中で、

何も考えず、

心が落ち着くまで、

何かを感じるまで、

なぜか、ただじっとしていたかった。


今日はここまで。

近藤浩二でした。

ではまた。


 

かまいたち

今や自他ともに認めるお笑い界、にとどまらず、

と言うよりも、芸能界のスーパースターと言っても

大げさではなかろう。


数年前に病床で伏せっていた父の

退屈しのぎにと、落語や漫才をCDに落とそうと

利用したユーチューブで初めて認識したお笑いコンビ。

「自慢話し」のとなりのトトロネタは想像も出来ないような

理解不能な荒唐無稽のぶっ飛んだボケで脳天をハンマーで

どつかれた程の革新的な笑いだった。当然の如く、

「UFJとUSJの言い間違い」の論理思考の裏突っ込み

のような反論の及ばないボケ。漫才にとどまらないコント

「スクイズ」「告発」「告白」「犯人探し」と毎日、

立て続けに夢中で視聴し続けた。全漫才、コント、

どれも何度見ても飽きのこない質の高さに脱帽。

それからユーチューブを毎日、数時間視聴している。


登録者数、百万人以上を誇る超インフルエンサー。

単純計算で、ひとり100円消費で1億円の経済効果。

ネタ作りの100%を担うボケ担当の山内健司はお笑い界の宝と

も言える存在。彼の書いた自叙伝とも言える本も発売と同時に

即購入して3回は読んだ。自分の人生と重なる失敗談や考え方に

共感できること多数。


今日はここまで。近藤浩二でした。

ではまた。


本日ティーバで、彼らの優勝したキング オブ コントの

2017度版を視聴。衝撃的な登場の、

《にゃんこスター》も面白かったが・・・

いっそう、その抜きんでた彼らの面白さと才能に感嘆したものだ。

猫はやっぱり、いたちには勝てないのだ。


 

つましょう

♪どこへも行かないで♪

♪この愛の海に浮かび♪

♪夜明けのような♪

♪あなたのそばにいたい♪

「灯火」by 優河


週末、毎週金曜日、夢中になって観ていた。

物語の展開にハラハラドキドキしながら・・・

ある時、我を忘れるほどに引き込まれ・・・

ニタッと微笑んだり、クスっと笑ったり・・・

キューンと胸が熱くなって・・・

ウルウルと目頭がうるんで・・・

その時・・・

フワッと優しい女性の声が・・・

不意にメロディーが流れてくる・・・

こらえきれず・・・

そして必ず最後に、両目から涙があふれ出した。


ドラマってほんと良いですね。

一週間、見逃し配信ティーバで見る度に幾度もデジャブ。


今日はここまで。近藤浩二でした。

ではまた。


ストーリーと歌はワンセットですね。

どちらも卓越しているからこそ、

心に届く、響くのだ。


「カムカムエブリバディー」と「アルデバラン」もしかり。


 

合格

先日(18日)公立高校の合否発表があった。

おかげをもちまして、我が中学三年生も無事に合格した。

これで今期の仕事は終わった。

社会の変化に伴い受験の形態も変わっているものの、

有り難いことに、当校開塾以来、公立高校、

ひとりの不合格者も出していない。

何と・・・

合格率100%なのです。


今日はここまで。近藤浩二でした。

ではまた。


タネを明かせば、

ひとつには、受かる見込みのところしか

決して受けさせない、一か八かの冒険はしないのです。

ふたつには、進学校は除いて、少子化の影響で

大部分の高校が定員割れという、売りて市場の

ふたつの現実のおかげなのだ。

高校への進学率が99、999%の世の中。

誰一人0、001%にさせたくない大人たちの優しさの

政策のたまもの。

と言ってしまえば、それまで。

競争原理が働かないのだから技術や才能が伸びない社会。

感激も感動も起こらないつまんない世の中になったもんだ。

みんながウインウインなのだから良しとするしかないのだが。

何とも味気のない社会だな、やれやれ・・・


 

HAPPY BIRTHDAY

今日、誕生日の君へ・・・

TO YOU;

Once you told me that

Today is your 29th birthday,I know.

Remember me !! I wonder if you can


DEAR MY IDOL、

《Happy birthday  to  you.》

《Beautiful life to you .》

《Big  love for you.》


That ‘s All for today. This is Koji Kondo.

Bye for Now.

今日はここまで。近藤浩二でした。

ではまた。


Everything is “Simpie is the best.”

すべては、シンプル イズ ベスト。


Such a long time since Isaw you last.

That’s because・・・

I don’t have anything about you .you know,

So I  Almost forgot your face and figure.

But・・・I think that・・・

I will never forget you.I bet,

I hope so, you too.You wil?


 

ミステリー

♪突き♪止め~たい~♪

♪かなわない~♪

♪君の 正体は♪

♪迷宮入りの♪

♪難解な ミステリー♪

by キング・グウ


数秒たがわず、ストーリーの絶妙なタイミングで不意に

流れ出てくる。不思議となぜだか、何だか微妙な具合で、

フワッとした心のひだの隙間に染み入る程に郷愁を誘う

寂寥感(せきりょう)満載のメロディー、

と喜怒哀楽すべての心情をあらわに映し出す程に、

男性とも女性とも判別できない、寂しく儚くもかすれた声。

少しの間、時が止まり、我々を過去のある時に、ある場所へと

旅へいざない、ピクリとも動けなくさせる演出。

《恐れ入りやの鬼子母神。》


昭和生まれでテレビっ子の僕は、この春はほんと見過ごせない

テレビドラマが目白押し。そのお気に入りの中でも秀逸の作品。

興味に駆られて原作も《チラリ読み》させてもらった。

物語の大筋は意外と原作に忠実だった。

僕個人としたら、画像のない文章だけの方が想像を

掻き立てられ好きなのだ。が・・・。

でもまさに《百聞は一見に如かず》なのだろう。


菅田将暉演じる主人公が独自のユニークな目線にたった見解を、

立て板に水の如く妙に冷淡に、さりげなく主張し展開するのだ。

しかも針の穴ひとつも見逃さないコンピューターのような

観察眼と記憶力。

刃物のような切れ味鋭い洞察力。

口癖のように「僕は常々・・・」と、話し始めると・・・。

それらを理路整然と展開する博識なまでの話術。

それは偏見や色メガネで凝り固まった我々の常識を

凌駕(りょうが)してしまい、誰の追随をも許さない。

そして誰一人、異を唱えられない程のものなのだ。

すべてが人間離れしているのに、ただの大学生の凡人であるという。

特殊能力を持った変人のほうがしっくりくる。


事件解決後に、謎に謎を重ねて幾ばくかのミステリーを残して

続き・・・と終わらせるのは、最近のドラマの新手の傾向か?

でも意外と、次に続かないけれど・・・ どうしてくれる?

心が晴れない、すっきりしないこのモヤモヤ感。

あっ、えーと、

うーん、どうしよう?

・・・・。

今日は何だか上手く着地できそうにないなあ・・・


淡白なうえに、消化不良で不完全燃焼なのですが、

・・・。


今日はここまで。

近藤浩二でした。ではまた。


 

 

小さな幸せ

月日は音もなく過ぎ去り、

季節はあっと言う間に移ろいでいく。

ふと思えば、もう三月だ。

うららかな上に陽気だ。

窓越しに差し込むまぶしい朝日に起こされつつも、

寒さのせいで、

一時をうつらうつらと寝床で過ごしていた

日々がウソのようだ。

目覚めとともに身体が起きることができる。


数年前より関わっているファミリーサポートいう仕事。

子供相手に学校、ジュク、習い事、保育園へと母親に代わっての送迎。

いわゆるアッシー君や、

食事の世話から遊びの相手など日常にわたる諸事全般。

いろんな人に会って話をし、楽しむことができる。

仕事って感じがまったくしない。


本日の午後のこと・・・・。

穏やかな気持ち、空は真っ青。

気分はもう春だ。

私の所望で、昼食のため隣町のお気に入りのパン屋に出かける。

コンビニでコスパの良い、アイスコーヒーをドリンクホルダーに、

大好きなチキンガーリックパンを皮切りにバジル風味の

野菜たっぷりのピザパン、あんバターなど数種を食する。

「ハ~ッ、美味しかった」

楽しさもあり、話しながら食べているとあっと言う間に時間が

過ぎてしまう。

気が付けば、もうお迎いの時間だ。

「今日は一緒に行く」

三月に卒園を迎え、この春から小学生へと階段を昇る、可愛いらしい少年。

それから車を走らすこと10分。

国道から山に向かう住宅街を少し抜けると保育園はある。

ほのかに紅色のしだれ桜が入り口付近に垂れていた。

そこかしこに、数羽の見慣れない名もなき鳥たちが

飛び交いさえずっている。

少し早かったのか5分前に保育園に着いた。

人も車もあったが込み合ってるわけじゃない。

園内で出会う人たち誰もが明るい笑顔で出迎えてくれる。

僕たちは親でもないが、園庭の風景に溶け込んでいた。

降車したマスク姿の家内の背後から紺色の征服姿がちらほらと

見え隠れしている。近づくとチラリと視線をこちらに顔を向けた。

瞬間、目が合った。彼は恥ずかしそうに薄く微笑んだ。

うつむいてしまった。でもすぐに顔を戻した。

短い時間の中で、

僕たちは何でもない話しをし、笑ったり感心したり、

ボウっと景色をながめたりした。

やがて無言が横たわる。でも、

少なくても僕はその無言を苦には感じなかった。

不思議なことに、無言であっても退屈でも窮屈でもない。

10分ほどで彼の家に着いた。すでに母親が玄関口で待っていた。

それに気付いた少年の真っ赤なほっぺが柔らかくゆるんだ。

母親とふたり並んで見送ってくれる。帰り際、

私は自動窓を開け、顔を向け、手のひらを広げ、彼に差し出した。

苦笑しながら、ぎこちなくも小さな手を広げ、ゆっくりと近づけてきた。

彼の可愛い手のひらが、私の右手のひらに軽く触れた。

一瞬、心が跳ねた。

そうして、私は幸福だった。

陽射しの温かさ、爽やかな空気、

彼の鼓動さえ感じられるような・・・

誰の目にも見えない所、気付かないところで

何かが震えるのだ。

決して私たちはいつでも会える深い関係ではない。

奇妙な縁でつながっているだけなのだ。

それでも、何気ないありふれた日常に出会える人が

いることが、ありがたかった、嬉しかった。

幸せで楽しいと、ほんと、人生は早い。まるで矢の様だ。


今日はここまで。

近藤浩二でした。ではまた。


 

成功

受験シーズンのこの時期になると・・・

熟の講師としても、悲喜こもごもなれど、

出来の良い子も、そこそこの子も、悪い子もいるものの、

ほんと子供を持つ親の心境になる。そして考えることは、

受験生に限らず、世の中に生存している人間・・・

誰もが自己実現できたらいいのにな、

誰もが悩みがなくなればいいのにな、とつくづく思う。

そこで落ちこぼれができるから、争い、戦争がなくならないんだから・・・


人生とは幸福になる、成功するために努力することなんだから。


成功者はすべからく、赤ちゃん脳だという。

赤ちゃん脳とは、

1、素直

2、起きている時間、常に学んでいる。

3、先延ばししない。

の3つだけ。子供のように童心に返れば、

つまり邪気のない無邪気になれば、誰もが成功者になれる。


成功者が絶対言わない、「悪魔の言葉」が4つある。

4Dと言われ、(でも、だって、どうせ、できない)だそう。

成功者の口癖、次の4つ。

(きっと、君なら、絶対、できる)


成功するためには、夢を紙に書き出す。

これだけなのに、不思議と、みんなやらない。


潜在意識にネガティブ思考をクリアリングさせる、取っ払う。

クリアリングした潜在意識にポジティブ思考を植え付ける。


最終、

1、イメージする。

2、言語化、もしくは可視化(書き出す)

3、習慣化(無意識で行動できるまで)


最近、「量子力学」にハマっている、凝っている。

大まかに言うと、「量子力学」とは目に見えないミクロの世界を

科学的に研究し、その世界の法則を自然の振る舞いを

科学していくこと。何かハードル高そうなんて思わないで。


学生の頃誰もが、教わったことがあるでしょう。

「物質をこれ以上砕けない限界のところまで細かくすると

原子と呼ばれる粒になる、物質を構成する最小単位は原子」と学んだはず。

しかしながら、最近の研究で物質を構成している最小の単位は

「素粒子」と呼ばれる粒だそうだ。


ここで素粒子は、

1、素粒子はこの世のすべてものを構成する最小単位

2、素粒子は常に振動している。

私たちの細胞も、机も水もPCもスマートフォンも全部素粒子からできている。


詳細は次の機会に。


近藤浩二でした。

今日はここまで。ではまた。


学んだ事は、即実行、アウトプットしないとね。

ということで、ブログに整理、書いた。


世界が平和になるには、キーワードは「感謝」だそう。

1、何かをされたら、ありがとう。

2、何がなくても、今の現状に、ありがとう。

3、何があっても、ありがとう。

誰もが幸福を望んでいる。互いに尊敬、尊重、手を取り、

助け合い、愛し合えば、世の中は絶対平和になる。


 

(Blog to Soul)水素風呂と時代劇と音楽を愛する左半身麻痺の塾講師